スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
2015.07.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

【「グローバルアドレス」と「ローカルアドレス」の変換方式】

?NAT(NetworkAddressTranslation)

 グローバル1:ローカル1(1対1)

 

 ・PCの数だけGIPが必要なため不経済(主にサーバー類)



?IPマスカレード(PAT:PortAddressTranslation)

 グローパル1:ローカル複数(1対複数)



 ・GIPが1つで複数のPCが接続可能なので経済的♪ 

  ※一般的に使われている方法



 例:グローバルIPアドレスにポート番号を付加

   200.100.10.1+10000ポート→XXX.XX.X.XX+10000ポート

         +10001ポート→XXX.XX.X.XX+10000ポート

【キャリアシステム】の巻♪

2006.11.29 Wednesday
T−キャリアシステム



T1・・・1.5Mbps

T2・・・6Mbps(約T1の4倍)

T3・・・45Mbps(約T1の30倍)

T4・・・270Mbps(約T1の150倍)



ISDNはデータ回線2回線利用可

【ネットワークトポロジー】の巻♪

2006.11.29 Wednesday
?バス型

?スター型

?リング型

?ハイブリット型

【ネットワークケーブル】の巻♪

2006.11.29 Wednesday
?ツイストペアケーブル

STP(シールド)約100M

 ┣CAT1・・・・音声用

 ┣CAT2・・・・ISDN

 ┣CAT3・・・・イーサネット

 ┣CAT4・・・・イーサネット

 ┣CAT5・・・・イーサネット

 ┗CAT6・・・・イーサネット

UTP(アンシールド)



?同軸ケーブル(リピータ使って2.5Km)

 ┣10base-2 約200M

 ┗10base-5 約500M



?光ファイバーケーブル

 ┗数百メートル〜数キロ



?ワイヤレス

 ┗数十メートル

【Internetクラス】の巻♪

2006.11.29 Wednesday


インターネットのクラス

┣クラスA・・・1〜126・・・・24ビット8ビット 

┣クラスB・・・128〜191・16ビット16ビット

┣クラスC・・・192〜223(規模が小さいところ)8ビット

┣クラスD・・・224〜239

┗クラスE・・・240〜247



┣255.255.255.0・・D

┣255.255.255.0・・C

┣255.255.0.0・・・・B

┗255.0.0.0・・・・・・A



172.16.4.70←IPアドレス

┗(最初の3桁がクラスの数字の何処に当たるかでわかる)

255.255.0.0←サブネット

┗(0の数でもどのクラスかわかる)

・0のついてるところがホスト部

・255がネットワーク部

【データ通信回線】の巻♪

2006.11.29 Wednesday
【データ通信回線】

 ┣ブロードバンド(広帯域)

 ┃     ┣有線

 ┃     ┃ ┣光ファイバー(FTTH)数Mbps〜100Mbps

 ┃     ┃ ┣CATV

 ┃     ┃ ┗xDSL

 ┃     ┃   ┣ADSL

 ┃     ┃   ┣SDSL

 ┃     ┃   ┣HDSL

 ┃     ┃   ┗VDSL

 ┃     ┗無線 

 ┃       ┣FWA(Fixed wireless Access)数Mbps〜数十Mbps

 ┃       ┃ 無線によるインターネット接続サービス

 ┃       ┃

 ┃       ┗IMT-2000

 ┃      (InternationalMobileTelecommunication 2000)

 ┃      携帯用通信 W-CDMA(FOMA)など

 ┃

 ┃         

 ┗ナローバンド(狭帯域)

        ┣ダイヤルアップ(公衆電話線)56kbps

        ┗ISDN 64kbps(2回線 Max128kbps)



《XDSLの種類》-----------------------------



■ADSL(Asymmetr'cDigitalSubscriberLine)

非対象デジタル加入者称

例:ODNの場合(下り1,5Mbps〜50.5Mbps : 上り512kbps〜12.2Mbps) 



■SDSL(Symmetryc DSL)

対象デジタル加入者線



■HDSL(High-bit-rate DSL)

 高速対象型デジタル加入者線



■VDSL(Very High-bit-rate DSL)

 超高速対象型デジタル加入者線



《ADSLの仕組み》--------------------------









┃      ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓

┃      ┃   ADSL    ┃┃   ADSL    ┃

┃┏━音声━┓┃   上り    ┃┃   下り    ┃

┃┃ (電話) ┃┃1.5Mbps〜8Mbps ┃┃ 1.5Mbps〜数Mbps ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              周波数(音の高さ)

      30KHZ        140KHZ         1100kmz

【FTP】



TCP(TransmissionControlProtocol:伝送制御手順)/IP---------------

┗データの転送を始める前に、送信側と受信側で接続が確立(コネクション)されるようにする手順。



例:電話での通信がTCPにあたる。

(確実に相手に伝えられる:信頼性の高いデータ通信)

┣1、ダイヤルをする。

┣2、相手が出る。

┣3、話し始める。(データ通信)

┣4、内容を伝える。

┣5、受信側で聞き取りにくければ聞き直す。

┣6、話を繰り返す。

┣7、相手が聞き取れたか確認。

┗8、相手の確認がとれたら終了。



UDP(UserDataGramProtocol)---------------------------------------

┗コネクションをせずに(相手を確認せず)一方的にデータを送る。



相手が確実に受信できたか確認しないのでTCPに比べて信頼性は「低い」、

が!!!!即時性(リアルタイム性)が高い。緊急通信に向く。



例:IP電話の音声通信やSNMP(ネットワーク監視)などで使われる。



MAC(MediaAccessControl)アドレス----------------------------------

xxxxxx000000

 x= ベンダーコード(16進数 6桁)

 0= メーカー固有のシリアル番号(16進数 6桁)

【OSI参照モデル】の巻♪

2006.11.22 Wednesday
【プロトコルの話】(ネットワーク基礎P25)

【OSI参照モデル】



上の層に行くにつれて人間にわかりやすい情報になっていく。



1,物理層------------------------------------------------------------- 

コネクターの形や流れる電気の電圧などの仕様

米国電子協会(IEEE(アイトリプルイー)802.3)イーサネットで使われる、

ケーブルの種類や伝送速度などが物理層で規定されている。



「イーサネットの種類」(各会社で統一性を図るためにIEEEで決められている。)

┣10BASE-2→10mbps 200m(今は殆ど使われていない)

┣10BASE-5→10mbps 500m(今は殆ど使われていない)

┣10BASE-T

┣100BASE-T

┗1000BASE-T



無線LAN

┣IEEE802.11a(5GHZ 54MBPS)

┣IEEE802.11b(2.4GHZ 11MBPS)

┗IEEE802.11g(2.4GHZ 54MBPS)→一番ポピュラーな企画



頭の数字はサイズを表している。

10MBPS(bit per second)→1秒間に10 000 000 ドット伝送可能)

Tはツイストペアケーブルの事、2本一組のうねうねが4セット入っている。



※重要キーワード

リピータ・ハブ





2,データリンク層-----------------------------------------------------



物理層は電気の層、コンピュータが取り扱いやすいようにまとめる。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(←フレーム:電気の流れをある一定の長さに揃える)



物理層を流れるデータのまとめ方

MACアドレス(宛先)をフレームに書き込んで送る。

(MAC→MediaAccessControl)

NIC(ネットワークインターフェースカード:一枚一枚違う番号)



※重要キーワード

MACアドレス・フレーム・ブリッジ





3,ネットワーク層-----------------------------------------------------



データリンク層のフレームをパケットとゆう単位にまとめる。

複数のフレームをまとめたもの→小包状態にして送る

IPアドレスをぱっとに書き込んで送る(ルータ)。





※重要キーワード

パケット・IPアドレス・ルータ





4,トランスポート層---------------------------------------------------



ネットワーク層で作られたパケットを、どのポートで送るか決める所。



ポート番号をネットワーク層で作ったパケットに書き込んで送る。

(ポートとは、家でたとえると、勝手口や二階の窓などいろんな入り口を意味している。)



例えばよく使われるポート番号

┣WWW(WEB)→80、8080

┣SMTP(メール送信)→25ポート

┣POP(メール受信)→110

┣FTP→20、21

┗SSL→443



※重要キーワード

ポート・ゲートウェイ





5,セッション層-------------------------------------------------------



コンピュータを接続したコンピュータ間でやり取りされる通信の「始まり」〜「終わり」までの一連の過程を「セッション」と呼ぶ。

セッション層では、セッション管理をするのが役目。



※重要キーワード





6,プレゼンテーション層-----------------------------------------------



データの内容や表現形式を指定している。

例えば・・・文字コード(シフトJIS、EUC・・・・)

    画像、動画のフォーマット(.mpg .avi .mov)



7,アプリケーション層-------------------------------------------------



例えばブラウザ(IE)やメーラ(Outlook)間で行う通信

人間が(1〜6層)何も意識せず、情報を送ったり受けたりすることができる。



-------------------------------------------------------------------

【絶対覚えるやつ】



4トランスポート層→ゲートウェイ(ポート番号)

3ネットワーク層→ルータ(IPアドレス)

2データリンク層→ブリッジ(MACアドレス・スイッチングハブ)

1物理層→リピータ(電圧増幅)、ハブ

【記憶装置の話】の巻♪

2006.11.22 Wednesday
【ハードディスク】



仕組み



回転盤(例:3ディスク)金属の板で構成される。

ディスクには両面(両面書き込める)に磁性体が塗ってある。

磁気ヘッド(S極 N極)で読み書きをする。(カセットテープと同じ原理)

レコードのように「トラック」で内容を読み書きできる。



トラックを上から見たときに、表と裏で全部で6個アクセスできる。

そのすべてを含めた総称が「シリンダー」



回転数

安い=アクセスが遅い→5200RPM (Round Per Minutos)

高い=アクセスが早い→7300RPM





【フロッピーディスク】



仕組み



ペラペラした円盤に磁性体が塗られている。

ハードディスクと同様に「トラック」がある。

そのトラックの中に「セクタ」と呼ばれるものがある。

そのセクタをグループ化した名前が「クラスタ」。

(クラスタの数はOSによって変わってくる)



計算方法



1セクタ=「512バイト」

1トラックのセクタ数=「18セクタ」

1面のトラック数が=「80トラック」×2面



容量(フロッピー)

512バイト×18セクタ×80トラック×2面=1,474,560バイト

1,474,560バイト÷1024=1,440KB

1440÷1024=1,4MB



(コンピュータの場合 バイト→キロに直すとき「1000」ではなく「1024」で割る。)



2の8乗=256

2の9乗=512

2の10乗=1024



「キロ(K)」→「メガ(M)」→「ギガ(G)」→「テラ(T)」





【キャッシュメモリ(凄く高価)】



?CPU(超高速で処理ができる)

?↑一次キャッシュ=容量が小さいため古いデータから新しいデータを上書き(64KB)

?↑二次キャッシュ=容量がやや大きい

?メインメモリ=容量が大変大きい(512MB~1GB)

(CPUと比べるとアクセスが遅いが安くて大量に搭載できる)





【VRAM(Video RAM)】



ディスプレイはドットの集まり。



電球が2つあれば4種類の状態が表せる。

■モノクロの場合

電球2つ

2ビット→4種類=4階調=2の2乗

○○ ●○ ○● ●●



■カラーの場合

電球3つ(色はRGBで表す。)

3ビット→8種類=2の3乗

フルカラー=2の24乗、2の32乗



R ○●○○●○●○

G ○●●○●○○●

B ○●●●○●○○

  白黒赤緑青黄水ピ



例:

768ドット×1024ドットのディスプレイ

(8ビット=1バイト)



768×1024=786,432ドット



786,432×24=18,874,368ビット



18,874,368÷8=2,359,096バイト



2,359,096÷1,024=2,304KB



2,304÷1,024=2,25MB



結果→2メガチョッとのRAMが必要。


【○○進数の考え方】の巻♪

2006.11.15 Wednesday
10進数→2進数



2進数は2で割る

16進数は16で割る



2|200…0(1)

2|100…0(2)

2| 50…0(3)

2| 25…1(4)

2| 12…0(5)

2| 6…0(6)

2| 3…1(7)

1(8)



1100 1000

(8765 4321)



10進数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

16進数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F 10
CONTINUE→
1

PROFILE

SEARCH
THIS SITE

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED
ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT
COMMENT

  • 【くるくるヘアフロートイオンカールアイロン】の巻♪
    Jennifer

RECOMMEND

LINK

OTHERS

MOBILE

qrcode

PR